今日も元気に行ってみよ!in ハワイ

ワーママ(パパ)生活の負担を少しでも軽く♥ 心身共に美しく♥ 健康的に暮らす♥ を実現する為の「お役立ち情報」をハワイからお送りしています♥👍アメリカの「何でも要領良く、そして臨機応変に😊」スタイルで、ワーママのストレスも軽くしちゃいましょ!

ハワイのデモ行進

こんにちは!

今日は土曜日。子供達が帰ってくる日です。

楽しみだなあ😄😄

彼女達から送られて来たメッセージでは、たくさんのクラフトをしたよ!との事でした。

「じゃあここに帰ってきたら、何を作ったか見せてね!」と伝えましたが、忘れずに持って帰って来てくれるかな。。。😅

さて、、、

アメリカ本土では人種差別問題でデモ行進、集会がたくさん行われています。

連日ニュースでその映像が流されています。

本土から遠く離れたこのハワイでも”Black Lives Matter"

のデモ行進が行われました。

1000人以上の人が集まり、アラモアナビーチパークからワイキキのデューク カハナモク像まで行進をしました。

心配された店舗の破壊や暴力は見られなかった、ということです。

デモ参加者の一人は「自分たちは大切なこのハワイの土地を破壊したり、人を傷付けたり、店に侵入などしない。大切なのは人種差別をなくそうとする、この行動だ」と話していました。
ハワイも色んな肌の色を持つ人が住んでいます。
ハワイに住んで身にしみて思う事は、色んな人種がいて、色んな違った文化がある。
それぞれがそれぞれの違いを尊重する。そして思いやって共に生活をする事、がとても大切であるということです。
私の働く小学校でも黄色人、白人、黒人が一緒に学んでいます。
でも悲しい事に少数派である黒人そして白人の子供に対して、差別的な言葉を発する子供を時折見かけます。
私達の学校では黄色人が多数派です。
もちろん当てはまらない場合もありますが、比較的裕福な環境で生活している白人に対する思い込み、嫉妬から来る差別的な言葉。
見た目が違う、圧倒的に少数派である事から来る黒人の子供達に対する暴言。
子供達の差別発言、侮辱等を確認した場合は、即刻学校のオフィスへその生徒を連れて行きます。
担当教員からなぜそのような発言をしたのか、なぜそれが許されないことなのか等が話されます。
それぞれの人種が尊敬と威厳を持って生きていく。
子供の時から必ず教えていきたい、とても大切な教育の一環だと切実に思います。